趣味のロードバイク(乗りたくてもなかなか乗れないのですが)に関することを、不定期にお話しちゃいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OPERA Celliniに決めた訳(その2)

どうも、割引にとことん弱いもんたんです。

   にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村   にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村

前回、無事FELT F85を仮発注したお話をさせて頂きました。ただ、人間とは欲深いもので、「もっとお買い得なモデルはないものか?」と、日々ネット上を詮索する日々が続きました(これも、本発注ではなく、仮発注だから出来る技。いざとなればキャンセルも可能だったため)。



で、例のOPERA Celliniですが、実はこの時点から目には付けていました。英国の某通販サイトで30%OFF(2010年モデルなので)86000円だったのです。ただ、送料を勘案すると、10万円近くなり、予算にはほど遠く諦めていました。




しかし、運命の日は突然やってきたのです。いつものように、英国某通販サイトを除いていると、

『OPERA Cellini  50%0FF  62000円




なんと、50%OFF!!!



送料を勘案しても、予算に収まります。そこで、スペックをよーく確認してみると、なんと、日本モデルと異なる部分があるのです。
OPERAは日本では隔年でしかモデルチェンジしないため、日本の2011年モデルは、外国の2010年モデルに近いのです(配色は若干異なりますが)。


【日本2011年モデル】
・ホイル    SHIMANO R-500
・コンポ    SHIMANO SORA
・リア     9速


【海外2010年モデル】
・ホイル    Most Wildcat(カンパ カムシン OEM
・コンポ    カンパニョーロ Xenon(一部Veloce)
・リア     10速


なんと、海外モデルはカンパ仕様なんです!(Xenonですけどね・・・)さらに、リアも10速仕様です。また、ホイルも上位機種で採用されているMost Wildcatを採用しており、いわゆるカンパ カムシンのOEMモデルなんです!


それ以外にも、クランクやブレーキもMost製品で統一されており、日本仕様よりかなりお得感ありなのです。また、重要なカラーリングですが、日本2011年モデルは、赤か黒の単色塗装となっています。しかし、海外2010年モデルは白/赤/黒の3色塗装で高級感があり、値段の割りに非常に見栄えがいいのです。


全景2
【上:海外2010年モデル】

【下:日本2011年モデル】
cellini2011





こうして、FELT F85はキャンセル、無事OPERA Cellini 海外2010年モデルのオーナーとなったのでした。



次回は、愛車OPERA Cellini 海外2010年モデルのご紹介をしたいと思います。



お付き合いいただき、ありがとうございました。


↓モチベーションアップのため、クリック頂けるとありがたいです!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへにほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://montan555.blog97.fc2.com/tb.php/4-a50ef47c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。